• 「二千年紀」からの贈り物

    11世紀のヨーロッパの制度が21世紀の日本で開花しているわけ~VUCAの時代に最適・先駆けとなる制度 信託は中世ヨーロッパで産声を上げた制度だ。 その本質は公(COMMON LAW)に対抗するための民衆の知恵の「武器」であり、民度の高い人々にしか使いこなせないものであった。 1000年の時を経てこの日本で注目されているのはなぜなのか。 信託とは財産の機能分化と再統合だ。この仕組みは変化への対応可能性をもっている。 もとより個としての能力について日本人は世界のどの人々にも負けていないが、公に対する自律心は、まともな武器がなかったこともあって、育成度が弱かったのではないか。 そのような仮説のもとで、民衆のエネルギー源である私有財産制の自由度を大きく認める信託制度は、今の日本人にフィットしているのだと考えたい。 公が与えた仕組み(権利とそれを再定義するもの)を使いこなし、激変する社会に適応する。 グローバル化した現代社会は、物事が急速に大きく変化しやすく、未来の予測ができない、複雑にいろいろな事情が絡み合い、因果関係がはっきりしないVUCAの時代といわれて久しい。 そのような時代に必要なものは、何よりも「先手をうつ」ということだ。変化を当然の前提としていつでも例えば大黒柱でも軽々と動かせるようにしておく。 そのような先手をうっておくことに非常に使いやすい仕組みのひとつが信託だといえる。 人を求心力によって結合させ、財産そのものも、自分のものでもあり、他人の者でもあるものとする。 人間の本質は変わらない。 ただ時流に適合するために、信託という1000年の歴史ある制度をつかっていく。非常に単純な話だ。今、日本人がみずからの存在基盤を強くするための必要不可欠な仕組みだといえる。

    Read More »
  • 民事信託の真意

  • 家族信託の嘘

  • 民事信託制度(日本の場合)

  • オーナーのリスク

  • 収益不動産オーナーのケーススタディ

    収益不動産オーナーのケーススタディ 「攻める大家」と「守る大家」という二分化。守る大家の悲劇はすぐそこに。 都市圏において「守る大家」が増えている。「守る大家」とは好立地に土地をもちながら古い建物を建て替え、あるいは大規模な修繕できずにいる高齢の不動産オーナーのことをいう。好立地ゆえに少なからず家賃収入はあるが、高齢ゆえに次の一手を打てないでいるのだ。 人口減少により不動産資産価値の低迷が確実な近未来において収益性を上げられないということは大変厳しい未来が待ち受けているし、また地震国日本では古い建物を運用しつづけるのは大きなリスクが付きまとう。持つことが悲劇を生むということも容易にイメージできる。 しかし最近、信託という手法を使い、次世代に資産を移管し、次世代が資金調達をして建て替えなどを行う例が徐々にではあるが増えてきた。 この事例での成功ポイントは強力金融機関の選定である。 金融機関から資金調達できなければ次世代に移管しても「攻める大家」にはなれない。 金融機関選定のポイントは信託融資ができる金融機関を選ぶということにつきる。信託融資とは、信託の受託者に融資をするということである。 信託融資のできる金融機関が徐々に増えてきている今、信託を使って攻める大家になってはどうだろうか。 攻撃は最大の防御である。

    Read More »
  • 60代~70代までの不動産オーナー・中小企業オーナーが信託を組成すべき「3つの理由」

  • 民事信託で家族に求心力を。

  • 「二千年紀」からの贈り物

    11世紀のヨーロッパの制度が21世紀の日本で開花しているわけ~VUCAの時代に最適・先駆けとなる制度 信託は中世ヨーロッパで産声を上げた制度だ。 その本質は公(COMMON LAW)に対抗するための民衆の知恵の「武器」であり、民度の高い人々にしか使いこなせないものであった。 1000年の時を経てこの日本で注目されているのはなぜなのか。 信託とは財産の機能分化と再統合だ。この仕組みは変化への対応可能性をもっている。 もとより個としての能力について日本人は世界のどの人々にも負けていないが、公に対する自律心は、まともな武器がなかったこともあって、育成度が弱かったのではないか。 そのような仮説のもとで、民衆のエネルギー源である私有財産制の自由度を大きく認める信託制度は、今の日本人にフィットしているのだと考えたい。 公が与えた仕組み(権利とそれを再定義するもの)を使いこなし、激変する社会に適応する。 グローバル化した現代社会は、物事が急速に大きく変化しやすく、未来の予測ができない、複雑にいろいろな事情が絡み合い、因果関係がはっきりしないVUCAの時代といわれて久しい。 そのような時代に必要なものは、何よりも「先手をうつ」ということだ。変化を当然の前提としていつでも例えば大黒柱でも軽々と動かせるようにしておく。 そのような先手をうっておくことに非常に使いやすい仕組みのひとつが信託だといえる。 人を求心力によって結合させ、財産そのものも、自分のものでもあり、他人の者でもあるものとする。 人間の本質は変わらない。 ただ時流に適合するために、信託という1000年の歴史ある制度をつかっていく。非常に単純な話だ。今、日本人がみずからの存在基盤を強くするための必要不可欠な仕組みだといえる。

    Read More »
  • オーナーのリスク

  • 信託組成のステップ~最初の一歩はこれ~

  • ブロックチェーンへの信託契約の登記

    ブロックチェーンは、satoshi nakamoto の whitepaper により、紹介された、分散帳簿のシステムです。P2Pの送金を意図してデザインされていましたが、ビットコインのブロックチェーンとして実装がすすめられましたが、さまざまに改良がすすみ、さまざまな独自のブロックチェーンが発表されました。最も普及しているビットコインのブロックチェーンは、ブロックサイズが小さい問題があり、普及の障害となっており、2017年には、いくつかの改良を加えたビットコインブロックチェーンと、改良を加えずにブロックサイズを大きくしたビットコインキャッシュのチェーンに分岐するなど、現在も試行錯誤が続いています。 信託制度保障協会から、ピタっと信託という、リーガルテックを使った民事信託契約書作成ツールが、リリースされる。遺言代用スマートコントラクトも利用できるそうだ。   NEWSPICKS の記事 https://newspicks.com/news/4288633/  

    Read More »
  • AI不動産査定で相見積もり

  • 「二千年紀」からの贈り物

    11世紀のヨーロッパの制度が21世紀の日本で開花しているわけ~VUCAの時代に最適・先駆けとなる制度 信託は中世ヨーロッパで産声を上げた制度だ。 その本質は公(COMMON LAW)に対抗するための民衆の知恵の「武器」であり、民度の高い人々にしか使いこなせないものであった。 1000年の時を経てこの日本で注目されているのはなぜなのか。 信託とは財産の機能分化と再統合だ。この仕組みは変化への対応可能性をもっている。 もとより個としての能力について日本人は世界のどの人々にも負けていないが、公に対する自律心は、まともな武器がなかったこともあって、育成度が弱かったのではないか。 そのような仮説のもとで、民衆のエネルギー源である私有財産制の自由度を大きく認める信託制度は、今の日本人にフィットしているのだと考えたい。 公が与えた仕組み(権利とそれを再定義するもの)を使いこなし、激変する社会に適応する。 グローバル化した現代社会は、物事が急速に大きく変化しやすく、未来の予測ができない、複雑にいろいろな事情が絡み合い、因果関係がはっきりしないVUCAの時代といわれて久しい。 そのような時代に必要なものは、何よりも「先手をうつ」ということだ。変化を当然の前提としていつでも例えば大黒柱でも軽々と動かせるようにしておく。 そのような先手をうっておくことに非常に使いやすい仕組みのひとつが信託だといえる。 人を求心力によって結合させ、財産そのものも、自分のものでもあり、他人の者でもあるものとする。 人間の本質は変わらない。 ただ時流に適合するために、信託という1000年の歴史ある制度をつかっていく。非常に単純な話だ。今、日本人がみずからの存在基盤を強くするための必要不可欠な仕組みだといえる。

    Read More »
  • 民事信託の真意

  • 家族信託の嘘

  • 民事信託制度(日本の場合)

  • オーナーのリスク

  • ブロックチェーンへの信託契約の登記

    ブロックチェーンは、satoshi nakamoto の whitepaper により、紹介された、分散帳簿のシステムです。P2Pの送金を意図してデザインされていましたが、ビットコインのブロックチェーンとして実装がすすめられましたが、さまざまに改良がすすみ、さまざまな独自のブロックチェーンが発表されました。最も普及しているビットコインのブロックチェーンは、ブロックサイズが小さい問題があり、普及の障害となっており、2017年には、いくつかの改良を加えたビットコインブロックチェーンと、改良を加えずにブロックサイズを大きくしたビットコインキャッシュのチェーンに分岐するなど、現在も試行錯誤が続いています。 信託制度保障協会から、ピタっと信託という、リーガルテックを使った民事信託契約書作成ツールが、リリースされる。遺言代用スマートコントラクトも利用できるそうだ。   NEWSPICKS の記事 https://newspicks.com/news/4288633/  

    Read More »
  • AI不動産査定で相見積もり

  • 信託組成のステップ~最初の一歩はこれ~

    信託組成のステップ~最初の一歩はこれ~ 「はじめに信託ありき」が跋扈するかなり異常で危険な日本の家族信託。 信託とは道具であり、道具とは夢を上手に形にするためにある。この大命題をわすれると、信託は使い手に害を及ぼすことになる。 信託組成の最初の一歩はこれだ。 「私の夢はなんだろうか。」 夢は人の中にある。自分と家族を見つめる。そこに差異はない。自分の幸福は家族の幸福であり、自分のリスクは家族のリスクである。人が相互に依存しながら人生は成り立っている。自分と家族の10年、20年先を考え、その命のありかた、ライフスタイルを想う。 ライフスタイルは定期で考えるべきである。不定というものは計算ができないからだ。定期のライフスタイルを考え、その期間においてで発生可能性の高い事象と経済的なインパクトを測定する。そのうえで自分と次世代の家族の資産と負債・収入と支出の連結の必要性を考える。 連結することでライフスタイルの危機が回避できるのであれば連結する。 家計を連結させるときに効果を発揮するものが信託なのである。

    Read More »

Recent Posts

「二千年紀」からの贈り物

11世紀のヨーロッパの制度が21世紀の日本で開花しているわけ~VUCAの時代に最適・先駆けとなる制度 信託は中世ヨーロッパで産声を上げた制度だ。 その本質は公(COMMON LAW)に対抗するための民衆の知恵の「武器」であり、民度の高い人々にしか使いこなせないものであった。 1000年の時を経てこの日本で注目されているのはなぜなのか。 信託とは財産の機能分化と再統合だ。この仕組みは変化への対応可能性をもっている。 もとより個としての能力について日本人は世界のどの人々にも負けていないが、公に対する自律心は、まともな武器がなかったこともあって、育成度が弱かったのではないか。 そのような仮説のもとで、民衆のエネルギー源である私有財産制の自由度を大きく認める信託制度は、今の日本人にフィットしているのだと考えたい。 公が与えた仕組み(権利とそれを再定義するもの)を使いこなし、激変する社会に適応する。 グローバル化した現代社会は、物事が急速に大きく変化しやすく、未来の予測ができない、複雑にいろいろな事情が絡み合い、因果関係がはっきりしないVUCAの時代といわれて久しい。 そのような時代に必要なものは、何よりも「先手をうつ」ということだ。変化を当然の前提としていつでも例えば大黒柱でも軽々と動かせるようにしておく。 そのような先手をうっておくことに非常に使いやすい仕組みのひとつが信託だといえる。 人を求心力によって結合させ、財産そのものも、自分のものでもあり、他人の者でもあるものとする。 人間の本質は変わらない。 ただ時流に適合するために、信託という1000年の歴史ある制度をつかっていく。非常に単純な話だ。今、日本人がみずからの存在基盤を強くするための必要不可欠な仕組みだといえる。

Read More »

収益不動産オーナーのケーススタディ

収益不動産オーナーのケーススタディ 「攻める大家」と「守る大家」という二分化。守る大家の悲劇はすぐそこに。 都市圏において「守る大家」が増えている。「守る大家」とは好立地に土地をもちながら古い建物を建て替え、あるいは大規模な修繕できずにいる高齢の不動産オーナーのことをいう。好立地ゆえに少なからず家賃収入はあるが、高齢ゆえに次の一手を打てないでいるのだ。 人口減少により不動産資産価値の低迷が確実な近未来において収益性を上げられないということは大変厳しい未来が待ち受けているし、また地震国日本では古い建物を運用しつづけるのは大きなリスクが付きまとう。持つことが悲劇を生むということも容易にイメージできる。 しかし最近、信託という手法を使い、次世代に資産を移管し、次世代が資金調達をして建て替えなどを行う例が徐々にではあるが増えてきた。 この事例での成功ポイントは強力金融機関の選定である。 金融機関から資金調達できなければ次世代に移管しても「攻める大家」にはなれない。 金融機関選定のポイントは信託融資ができる金融機関を選ぶということにつきる。信託融資とは、信託の受託者に融資をするということである。 信託融資のできる金融機関が徐々に増えてきている今、信託を使って攻める大家になってはどうだろうか。 攻撃は最大の防御である。

Read More »